協和品質とは、
以下の3点に関する施工品質に関する
協和電気のこだわりです。

1.安全性

電気は人が触れることがあっては絶対にならない。感電がないように確実な施工をおこなう。

お客様が普段接することのない見えない部分でも、建物の工事に従事される各専門業者さんが、電気とは関係のない工事で立ち入られた場合などでも安心安全に作業いただけるような施工品質を提供すること。

さらに加えると、協和電気が施工して、今後工事依頼がいただけない場合でも、後に入られる電気工事業者さんが施工しやすく、ひいては感動を与えるまでの品質で施工することが“協和品質”である。

2.耐久性

電気設備は経年劣化していくもの。屋外であればなおさらで、屋内でも劣化は進む。例えば、劣化が進みやすい箇所には高耐性の仕様の部材を選定し、配線が太く力がかかりやすい箇所には恒久的に負荷がかからない配線固定方法で対処する。

その気付く力が“協和品質”である。少しでもお客様にとってよい品質をお届けできるよう心配りをする。

3.見栄え

電気設備はお客様が普段目にするものもあればそうでないものもあるが、近づいても遠ざかっても視覚的にきれいに納まり、かつ実用面でも適切な位置で施工できる。その感覚が“協和品質“である。